お知らせ line

 不育症とは2回以上の流産、死産、早期新生児死亡
の既往がある場合を言います。
 不育症の頻度:2回以上流産歴を持つ女性の頻度は4.2%。
 不育症の検査
1. 一次スクリーニング検査
  1)子宮形態検査(子宮卵管造影 自己負担金7300円)
  2)内分泌検査(甲状腺機能freeT4,TSH 、空腹時血糖、PRL、P4 )
   上記内分泌検査は保険適応あり:個人負担金:8652円
  3)抗リン脂質抗体検査
(血栓や流産のリスクとなる抗リン脂質抗体を調べます。)
    抗CLβ2GPI複合体抗体
    抗CLIgG抗体
    ループスアンチコアグラント
    陽性となった際は12週間以上の間隔をあけて再検します。
    陽性が持続 :抗リン脂質抗体症候群と診断します。
    陽性から陰性:偶発的抗リン脂質抗体陽性例と診断します。
  4)血栓性素因スクリーニング
   (第ⅩⅡ因子活性、プロテインS抗原、プロテインC抗原 APTT)
    上記3)と4)の検査は保険適応有り。
個人負担金は3)4)まとめて4790円
  抗CLIgM抗体は保険適応外が検査となり、自己負担金4000円
2.選択的検査
   夫婦染色体検査:ご夫婦で50000円
3.不育症の治療
 治療は、基礎疾患があればその治療。
抗リン脂質抗体症候群であれば以下の治療を行う。
 1. ヘパリン5000単位朝夕皮下注射+低用量アスピリン:
一ヶ月あたりの費用12020円
   ヘパリンは胎嚢確認頃から胎盤完成する16週頃まで、
アスピリンは妊娠28週まで投与。
   ヘパリンは、原則自己注射で、朝・夕行う。
   ヘパリンの副作用:胎児への影響はない。
出血、肝機能障害、血小板減少症などがまれにあり。
   血液検査で異常が出れば中止する
血液検査は、治療開始日、7日目、14日目にし、
  その後異常がなければ妊娠8週、12週、16週に下記の項目を調べる。
   検血、GOT,GPT,Dダイマー(自己負担一回あたり5292円)
 2.柴苓湯+低用量アスピリン:一ヶ月あたりの費用4430円:
副作用はほとんどない。
   柴苓湯は、分娩になるまで服用できる。
アスピリンは妊娠28週まで内服する。
  富山大の報告では、ヘパリン単独での成功率50~60%、
治療1での成功率70~80%
  2014年久留米大学の調査では、生児獲得率は治療2で82.6%、
治療1で42.9%であった。


ページ上部へ