お知らせ line

2020年4月1日付けで日本生殖医学会からの声明で
1.コロナ感染での妊娠初期における胎児への影響がわかっていない。
2.妊婦におけるコロナ感染リスクは高いとは言えないが、妊婦において重症化する可能性が指摘されている。
3.コロナ治療薬が妊婦には禁忌の薬剤である。
などから国内でコロナ感染の急速な拡大がなくなるまで、または妊娠時に使用できるコロナ治療薬が開発されるまで不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示するようにとの声明がありました。
当院の見解は、あくまでも現時点での不妊治療の延期を推奨するものであり、決して治療を行わないというものではありません。自然妊娠される方と同様に不妊治療で妊娠される方は、極力コロナ感染に気をつけながら経過を見ていくことになります。


ページ上部へ