細菌性膣症と妊娠
質問内容 今妊娠五ヶ月です。細菌性膣症で膣洗浄と抗菌剤で治療しています。妊娠中はずっと通院しないといけないのでしょうか?治りますか?
回答 細菌性膣症とは、膣内に常在しているデーデルライン桿菌という乳酸菌が減少し、かわりに細菌が増殖し、粘着性のおりものが増え、悪臭などを起こすもので妊婦の10?20%に見られます。流早産の原因になるとの発表がある一方、あまり関係ないとの発表もあります。現段階では細菌性膣症は治しておいた方が流早産の発生を少なく出来るという意見が多いようです。
治療は抗菌剤あるいは抗生物質の入った膣錠を3?5日間いれ、経過観察していきます。頻回の膣洗浄は真菌が生えることもあり、注意が必要となります。

ページ上部へ