不妊症は、全夫婦の10%にあると言われています。特に異常がない場合1年で80%の方が、2年で90%の方が妊娠されます。

子供が早くほしいと来院された場合には、おおむね以下のように検査や治療を進めていきます。

1.
初診の方は予約がとれませんので都合の良い時間にできればご夫婦でおいで下さい。(初診時にご主人がよければ精液検査をすることがあります。)
2.
不妊治療に対する希望を不妊カウンセラー又は当院看護師がおうかがいします。
3.
初診時、検査や治療の必要性について院長が説明致します。
4.
検査は、クラミジア抗体、卵巣ホルモン(E2,P)、脳下垂体ホルモンの測定。子宮卵管造影、ヒューナーテスト、精液検査、超音波検査を行います。

生理から次の生理までの1周期の間に3回ほど来ていただけば検査は全部終わります。

5.
検査で異常があった場合、それを治療します。
6.
検査で特に異常がない場合は、タイミング指導から排卵誘発剤投与、人工授精・排卵誘発剤注射をしながら人工授精、体外受精、顕微授精へとステップアップしていきます。
7.
ステップアップのスピードは、ご夫婦のご意向により決定いたします。

ページ上部へ